トイレリフォームで知っておきたい排水方法

クラシアンでは実際に依頼することで、トイレのリフォームについて詳しい情報を提供してくれるようになっていますが、実際に呼ぶ前に自分である程度見ておくこともスムーズなトイレのリフォームのために重要になります。ここでは、トイレのリフォームに関して、自分で見て知って起きたいポイントとしてどのようなものがあるのかを紹介します。

最初に紹介するのは、トイレの排水がどうなっているのかについてです。トイレの排水管が、床につながっているのか、壁につながっているのかでリフォームに利用できるトイレの種類が違ってきます。一戸建ての場合には床排水である場合が多いですが、マンションの場合は壁排水になっている場合も少なくありません。

床排水の場合には、排水芯が大きなものが利用できるようになっています。これに対して、壁排水の場合には排水芯の高さについて注意しなければならないため、利用できるトイレの種類が少し狭まることになります。事前にリフォームに利用したいと思っているトイレを見ておき、排水高が接合できるものであるのかを確認しておくと良いでしょう。排水管がトイレからつながっているのが見えない場合は床排水であるため、排水高の確認は不要です。